お客様本位の業務運営に関する方針
ホーム > お客様本位の業務運営に関する方針

お客様本位の業務運営に関する方針

株式会社アドバイザーズは、生涯の専任担当者として常にお客様とともにいられるよう、お客様本位の業務運営をいっそう進化し、深化させるために、これを公表し、さらに必要に応じて適宜見直しを行ってまいります。

方針 1 お客様の最善の利益の追求

お客様に対して、いたずらに取引回数の増大を誘引するような高度、複雑な金融商品・サービス、またはそれらの組み合わせを提案するのでなく、常にご自身で保有する金融資産の状況をおおむねイメージし管理できるよう、平易、複雑でない金融商品・サービスのご案内、提案をすることによりお客様の最善の利益を図り、顧客基盤の増大をめざします。

方針 2 利益相反の適切な管理

独立した金融事業者である金融商品仲介業者として、お客様と、その取引の相手方となる金融商品取引業者の間にあって、中立の立場で誠実に金融商品・サービスをご案内、提案いたします。

方針 3 手数料の明確化

お客様にご負担いただく手数料等については、無人、無店舗の金融商品取引業者との間の取引であっても、当社が関与することにより対面で金融商品・サービスをご案内、提案を行うことから、それが正当な対価としての対面の手数料体系に変更されることがあることを、時間を尽くして説明いたします。

方針 4 重要な情報のわかりやすい提供

当社がお客様にご案内、提案する金融商品・サービスについて、それがお客様に適合するものであると判断する理由を明確、平易で誤解を招くことのない誠実な説明をすることでお客様に十分にご理解ただけるように情報提供に努めてまいります。

方針5 お客様にふさわしいサービスの提供

金融商品取引におけるお客様の知識、経験、財産の状況に照らして、当社がお客様の投資の目的を全うすることが十分可能と判断した場合に、担当業者となって対面のサービスを行う金融事業者として受託者責任を果たし、お客様の最善の利益の追求に努めてまいります。

方針6 従業員に対する適切な動機付けの枠組み等

お客様の最善の利益を追求するためには、当社社員の一人ひとりが職業倫理を高位に保持することが不可欠であると考えています。
手数料が明示されていない、または仕組みが複雑な金融商品・サービスに対する理解の程度から生じるお客様との情報の非対称性の解消ができないようなご案内、提案による表面的な顧客満足を追求することのない、真に顧客本位の業務運営とは何かを常に自問し、社内でこの意識を共有することで、お客様に生涯の担当者として迎え入れられる企業文化を構築してまいります。

 

株式会社アドバイザーズ